NEW TOPICS
2015-12-10 「お好み焼 道とん堀」は9日、「のび~るチーズ豚玉」を販売開始

道とん堀が運営する「お好み焼 道とん堀」は9日、「のび~るチーズ豚玉」を全国の道とん堀店舗で販売開始した。同商品は、まるで"トルコ風アイス"のように伸びるお好み焼き。伸びのいいモッツァレラチーズと旨みとコクのあるゴーダチーズをブレンドした"のびやすいシュレッドチーズ"と"チェダーチーズ"を練り込んだ「チーズのようなお餅」を生地の間にはさみ、お好み焼きの定番「豚玉」を「のび~る豚玉」にアレンジした。

2015-12-06 「丸亀製麺」で、「肉たまあんかけうどん」が12月2日に発売される。

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」各店で、「肉たまあんかけうどん」が12月2日に発売される。価格は並590円、大690円(いずれも税込)。2016年1月下旬までの期間限定。
今回発売される肉たまあんかけうどんは、玉子あんかけと甘辛く煮込んだ牛肉をのせた温かいうどん。玉子あんかけは、かけうどんの出汁を使って旨みととろみを出した“やさしい味わい”に仕上げられているとか。
また、あんかけの上にたっぷりとのせられた牛肉は、うどんとの相性を考えて甘辛く、しっかりとした味に仕上げてあるそう。お好みでおろししょうがを加えても楽しめる。


TOWN TOPICS
2016-02-02 陶と書のコラボ

陶器類と書の合同作品展が大崎市田尻沼部のギャラリー「生成庵」(JR田尻駅前)で開かれており、書と陶器1点ずつが一組にして展示され、互いの魅力を引き立てている=写真=。書の出展者を指導した同市田尻字町の書家、桶川成志さんは開幕前日の昨年12月11日に亡くなり、桶川さんの書風や人柄を慕う人たちも多く訪れている。出展者は、同市の書道愛好会「大州会」と、同市田尻沼部で陶房「田尻大沢窯」を営む松山正文さん。花瓶や皿といった陶器と書合わせて26組を展示した。

2016-02-01 みそ博士が出前授業

みその歴史や造り方を学ぶ「おみそのヒミツ~仙台みそ博士の出前授業~」が1月29日、大崎市高倉小で開かれた。同校5年生8人は、みその原料や効用などを学び、自分たちで育てた大豆とコメを使ったみそ造りを体験した。日本の食文化の普及などを目的に宮城県味噌醤油工業協同組合が主催。高橋清博士と中鉢齋二博士が同校を訪れ、授業を行った。博士たちは、仙台藩初代藩主伊達政宗が「御塩噌蔵」(おえんそぐら)と呼ばれるみそ蔵を建てたこと、みそは大豆、コメ、塩に麹菌を加えて造ること、みそは病気を予防する効能があることなどを説明した。

2016-01-28 地元で活躍の企業に理解深める

古川ロータリークラブの職場訪問が22日、アルプス電気古川工場で行われ、同社管理本部の本田貴志総務課長から、同社の事業について説明を聞いた。職場訪問には同クラブの会員30人ほどが出席した。アルプス電気は世界で4万種類の家電、携帯電話、車などの部品を製造しており、本田課長は「アルプス電気はどの自動車メーカーにも属さず、どの会社にも営業できるのが強み。付き合ったことのない自動車メーカーはない」と説明した。